過払い金返還請求など借金問題の無料相談できる弁護士・司法書士事務所

匿名・借金解決 無料診断

過払い請求 債務整理 任意整理 民事再生 自己破産
匿名でOK・過払い金の無料計算はこちらから

借金問題の無料相談・受付中

払い過ぎた利息、過払い金の返還請求、 利息カット、借金の減額、督促・取立ての停止、自己破産せず住宅ローン以外の借金を減額したい、など借金問題のご相談を受付中です。 弁護士・司法書士事務所へ気軽に無料相談を!

過払い金請求などの無料相談はこちら

借金問題・無料相談はお気軽にどうぞ

女性専用の相談窓口あり

  • アヴァンスレディース
    女性の為の債務整理相談。対応はもちろん女性。一人で悩む前に相談可能な大人気窓口です。

注目の司法書士事務所

週刊ダイヤモンド誌の「消費者金融が恐れる司法書士」にて日本一になりました。過払い金の返還請求実績で選ぶならこの事務所! 無料相談ができます。
ダイヤモンド誌で日本一に選ばれた事務所とは?

借金の取り立てを止める方法

司法書士か弁護士に債務整理を依頼すれば、取り立てが止まります。
あなたが依頼した司法書士か弁護士が代理人になるため、貸金業法により、貸金業者が直接あなたに連絡や取り立てを一切できなくなります。
早い場合、即日に対応してくれまので、まずは、無料相談をされることをオススメします。

過払い金 払いすぎた利息は取り戻す。

過払い金とは、「利息制限法」の上限金利を超えた利息であり本来支払わなくていい、つまり払い過ぎたお金ということになります。

2006年1月、最高裁が利息制限法を超える利息を無効との判断を示しました。2010年6月には改正貸金業法が完全施行されました。
今まで借金の返済で苦しんでいた方も、条件次第で大幅な借金の減額や、払い過ぎていた利息『過払い金』を返してもらう事も可能となりました。

支払いを完了してしまった消費者金融業者、クレジットカード会社などに対しても過払い金が発生している場合があります。
クレジット機能付きのカードでキャッシングをしたり、リボ払い(リボルビング方式)をたくさんした事があれば、信販会社に対して過払い金があるかも知れません。 過払い金は、たとえ完済後であっても10年を経過していない場合は、過払い請求が可能です。

借りた業者はどこですか?

  • アイフル(ライフ)
  • アコム
  • アプラス
  • イオンクレジットサービス
  • エポスカード(マルイカード、ゼロファースト)
  • オリエントコーポレーション(オリコ)
  • クレディセゾン(UCカード)
  • 三洋信販(ポケットバンク)
  • シンキ
  • 新生ファイナンシャル(レイク)
  • セディナ(オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオーク)
  • ニッセン
  • ポケットカード(マイカルカード)
  • 国内信販(楽天KC)
  • 三菱UFJニコス(日本信販)
  • CFJ(ディックファイナンス、アイク、ユニマットレディス、ユニマットライフ)
  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

他にもたくさんの業者がありますが、利用者の多い主な業者を記載しています。
消費者金融会社や信販会社に長く返済を続けている場合、過払い金が発生している事があります。
気になる方は、専門家に無料相談をされることをオススメします。

ショッピングローンは、過払い請求ができるか?

ショッピングローンは割賦契約となり利息と思われる部分は立替払いの割賦販売手数料であり、過払い請求の対象とはなりませんが、同時にキャッシングやリボ払いをしていて過払いがある場合、ショッピングローンと相殺できる場合もあります。
詳しくは上記の弁護士・司法書士事務所などの専門家にご相談される事をおススメします。

過払い金の返還請求が増加

大手消費者金融の武富士が経営破綻し、東京地方裁判所に会社更生法適用を申請したニュースは記憶に新しい所です。

武富士の経営破綻は、過払い金返還請求による過払い金返還の負担も一因なのかもしれません。

武富士だけでなく、他の貸金業者などへの過払い金の返還請求も同様に増加しており財務体質が弱くなっている業者もあります。今後、過払い金の返還がだんだん難しくなってくると予想されますので過払い金の返還請求をお考えなら、極力早めの対応をおすすめ致します。

過払い金が発生しているにもかかわらず、手遅れとなってしまったという事のないように、まずは過払い金が発生しているかどうか、確認されてみてはいかがでしょう。
もし、1人で悩んでいるようでしたら、専門家である弁護士や司法書士に、無料相談をされてみてはいかがでしょうか?

改正貸金業法が完全施行!

2010年6月18日改正貸金業法が完全施行され金利規制が強化されました。
出資法の上限金利が年29.2%から年20%に引き下げられ、 利息制限法の制限金利(年15~20%)を超える利息の契約が禁止されました。 (違反する場合は行政処分の対象)
また、貸金業規制法43条のみなし弁済規定が廃止されました。 いわゆるグレーゾーン金利を有効とみなす規定が廃止されました。
さらに日賦貸金業者(日掛金融)などの特例金利が廃止されました。
保証料も利息と合算して規制されます。
業者の参入規制が強化され、貸金業登録に必要な純資産額が5000万円以上となっています。
過剰貸付規制が強化され総借入残高が年収の3分の1を超える貸付は原則禁止されています。 つまり年収300万円なら借入残高が100万円を超える場合、新しく借りられないようになっています。
借入れの際、源泉徴収票や給与明細などの「年収を証明する書類」が基本的に必要となっています。

グレーゾーン金利が廃止となり、利息制限法の上限利率にて利息の引き直し計算をして払い過ぎである場合、過払い金の返還請求が出来ます。

当サイトでは、支払い困難な多額の借金、多重債務を整理解決する手段である債務整理や、過払い金返還請求などについて書いています。
また、過払い金返還請求など借金問題の無料相談ができる弁護士事務所、司法書士事務所のご案内をしております。
借金問題を解決したいとお悩みの方の参考となれば幸いです。

ページトップへ戻る

借金問題は専門家に
身近にサラ金の無人契約機が立ち並び簡単にお金が借りられ、インターネットからも簡単にクレジットカードの申し込みができる。そんな状況のなか、複数の貸金業者から借金をし、毎月の返済が難しくなっている多重債務者のかたが多くいます。借金を返すために新たな消費者金融で借入したり、まとめローン借金の一本化や、クレジットカードの現金化などを考えたりしていた方も、今一度債務整理という解決方法を検討されてはいかがでしょう。 債務整理とは、どういうものなのかを知る事は、新しい未来への大きな一歩になるかもしれません! このホームページが借金の悩みやトラブル解決に少しでもお役に立てれば幸いです。