自己破産で生活を立て直す

自己破産とは

自己破産は、支払い不能で苦しむ債務者を救済し再建のチャンスを与えるための制度です。
裁判所から自己破産の申し立てが認められ破産宣告を得て、免責決定を受けると、全ての債務が免除され借金返済の義務がなくなります。
自分の財産は失うものの、新たに得た財産や以後の収入は自由に使えるため、経済的再建の一歩が踏み出せます。

 

自己破産のメリット

  • 客観的に支払不能であれば誰でも利用可能。
  • 依頼者(債務者)が弁護士や司法書士に債務整理を依頼したという受任通知を受けとった貸金業者は債務者本人への直接連絡や取立てが禁止される。
  • 借金の返済義務がなくなる。
  • 自己破産後得た収入は、原則自由に使える
  • 自己破産は戸籍に記載されない。
  • 公民権は停止されない。
  • 解決までの期間が短い

 

自己破産のデメリット

  • 破産の決定により原則的に20万円以上の破産者の財産は処分される。
  • 5年〜7年間程度、債務整理の事実が信用情報機関(ブラックリスト)に登録されるため、その間ローンを組んだりカードを作ったりする事が困難になる。
  • 官報に氏名が掲載される。
  • 破産者名簿に記載される。
  • 手続き期間中職業資格の制限がある。(会社の取締役や監査役、宅地建物取引主任者、損害保険代理店、証券会社の外交員、保険外交員、警備員)
  • 手続き終了までの通信の秘密の制限、居住の制限がある。
  • 財産管理処分権を失う。
  • 浪費やギャンブルによる債務は免除されない場合がある。

WEBから簡単に債務整理等、借金問題の無料相談ができます。

 

弁護士事務所 無料相談

 

 

司法書士事務所 無料相談

 

ホームへ