払い過ぎた利息を過払い金請求で返還してもらいましょ

過払い金返還請求とは

債務整理しませんか?

消費者金融やクレジットカード(キャッシング)などの貸金業者が債務者に利息制限法の規定を超える利息で請求していた場合、債務者が長期間返済を続け法律上の借入元金の支払いが終了しても、なお超過利息を支払っている場合、返済のし過ぎとなり、その支払い過ぎたお金(過払い金)は、返してもらう事が出来ます。

 

過払い金返還請求とは、その払い過ぎていたお金を返してもらう為の請求手続きです。

 

年利18%以上で5年以上の返済を続けていた場合、過払い金が発生している可能性があります。
過去の取引履歴を調査し、利息制限法の上限利率にて利息の引き直し計算をして、払い過ぎかどうかを調べます。

 

払ったお金が借りた元金を超えている場合は、貸金業者に対して過払い金の返還請求をする事が出来ます。
完済済みであっても10年を経過しない場合は、その権利があります。(不当利益返還請求権の時効は10年)

 

過払い金請求の権利が消えてしまう前に早めに専門家である弁護士や司法書士に気軽に相談されてみてはいかがでしょうか?

 

WEBから簡単に債務整理等、借金問題の無料相談ができます。

 

弁護士事務所 無料相談

 

 

司法書士事務所 無料相談

 

 

 

ブラックリストに載るのか?

金融庁の方針から、2010年4月19日からは、過払い請求は信用情報に記録されなくなりました。
完済の状態での過払い請求は、信用情報の事故情報(俗に言うブラックリスト)に、載りません。
残債務が残るような場合など載るケースもありますので、不安のある方は気軽にご相談を!

 

過払い金の計算方法について

過払い金が自分の場合どれぐらいあるのか、その計算方法がわからないために、もしかしたら発生しているかもしれない消費者金融などに対する過払い金をそのままにしていませんか?

 

借金問題の無料シミュレーター

 

過払い金は、利息制限法(15〜20%)と出資法(29.2%)との金利差(グレーゾーン)により発生しますので、出資法と利息制限法の差額を計算する事で過払い金がいくらあるかがわかります。

 

過払い金の計算は、返済額と金利を利息制限法による金利で引き直し計算します。
契約書や領収書が手元になければ消費者金融などの貸金業者に対し取引履歴の開示請求をし、それをもとに正確な過払い金を算出します。

 

過払い金計算ソフトなどもありネット上からも入手する事が出来ますが、自分で計算するのが難しいと思われる方は、弁護士事務所などで無料相談をされてみてはいかがでしょうか?

 

 

利息制限法では下表の利息を超える部分は無効

 

元本金額 利息
元本が10万円未満の場合 年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%
元本が100万円以上の場合 年15%

 

一方、出資法では上限金利は29.2%とされ、それを超える金利で貸出ししている場合は、刑事罰があり「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」となっていました。
利息制限法を超える金利でも、出資法の上限金利を超えなければ刑事罰は科せられなかったので、

この範囲の金利(グレーゾーン金利)での貸し付けが多く行われていました。


2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、グレーゾーン金利を有効とみなす規定は廃止されました。

出資法による上限金利が年29.2%から年20%に引き下げられ、利息制限法の制限金利(年15〜20%)を超える利息での契約が禁止されました。

 

弁護士や司法書士に依頼する時に...

過払い金の額により、弁護士と司法書士で、以下のように出来る事が違います。

弁護士 司法書士
過払い金140万円以上の交渉権 あり なし
過払い金140万円以上を裁判所で争う できる できない(書類を作成することはできます。)
過払い金140万円以上の裁判所手続き できる できない

司法書士は、過払い金の請求金額が140万円を超えると、交渉を行う事や裁判手続を行うことができません。
過払い金の請求額が140万円を超える場合には、この点にご注意下さい。

 

 

ショッピングローンやクレジットカードって、過払い請求できるの?

ショッピングローンは割賦契約となり利息と思われる部分は立替払いの割賦販売手数料であり、過払い請求の対象とはなりませんが、同時にキャッシングやリボ払いをしていて過払いがある場合、ショッピングローンと相殺できる場合もあります。
デパートやショッピングセンターなどで作ったクレジットカードで、キャッシングした事があれば、過払い金がある可能性があります。

 

過払い金の時効は10年です

過払い金は、たとえ完済後であっても10年を経過していない場合は、過払い請求が可能です。
手遅れになる前に、過払い金返還請求をしましょう。
契約時の書類が無かったり、完済の日がいつだったか忘れてしまっていても、借りた業者名が分かれば、過払い金の有無を調べることができるので、あきらめる前に、まずは無料相談される事をおすすめします。

 

過払い金請求などの借金問題の無料相談はこちら

払い過ぎた利息、過払い金の返還請求、利息カット、借金の減額、督促・取立ての停止、自己破産せず住宅ローン以外の借金を減額したい、など借金問題のご相談を受付中です。
弁護士・司法書士事務所へ気軽に無料相談を!

 

WEBから簡単に債務整理等、借金問題の無料相談ができます。

 

弁護士事務所 無料相談

 

債務整理の無料相談はコチラ弁護士法人サルート法律事務所 ★全国対応

 

初期費用0円でノーリスク借金解決のリヴラ総合法律事務所 ★全国対応

 

債務整理の無料相談は全国・休日対応の岡田法律事務所 ★全国対応

 

 

司法書士事務所 無料相談

 

新大阪法務司法書士事務所 ★全国対応

 

司法書士法人杉山事務所 【対象地域】東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、静岡、長野、岐阜、滋賀、三重、大阪府、和歌山、奈良、京都、兵庫、岡山、鳥取、香川、徳島、広島、島根、山口、愛媛、福岡、佐賀、大分、熊本

 

着手金0円からの債務整理 アヴァンス法務事務所 ★全国対応

 

女性専用の相談窓口あり

 

新大阪法務司法書士事務所 ★全国対応

 

アヴァンスレディース ★全国対応

ホームへ