個人再生(個人版民事再生)とは

個人再生(個人版民事再生)とは

返済が困難なことを裁判所に認めてもらい、大幅に減額された借金を原則3年間で分割返済していく手続です。車や家、預貯金等の財産を手放さなくて済みます。
小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。

個人再生手続を使える人の要件

将来において継続的に、または反復して収入が見込める事。
借金の総額が5000万円を超えない事(住宅ローン条項を使う場合、住宅ローンは除きます。)

 

個人再生(個人版民事再生)のメリット

  • 住宅ローン特則を利用すれば、住宅ローンがあってもマイホームを手放さなくてすむ。
  • 債務総額を大幅に減らす事が出来る。
  • 免責の不許可事由がない。
  • ギャンブルや浪費による借金でも利用できる。
  • 自動車や保険も処分しなくて良い。
  • 個人再生申立後は債権者の請求が止まる。
  • 手続が開始されれば債権者は強制執行できなくなる。
  • 全債権者の合意を得る必要がない。
  • 個人再生後の職業制限や資格制限がない。

 

個人再生(個人版民事再生)のデメリット

  • 5年〜7年間程度、債務整理の事実が信用情報機関(ブラックリスト)に登録されるため、その間ローンを組んだりカードを作ったりする事が困難になる。
  • 官報に氏名が掲載される。
  • 手続き期間が他の債務整理方法より長く債務整理の中で一番手続きが複雑。
  • 一部の借金のみを整理することができない。
  • 最長支払年数が決まっており、毎月の返済額が大きくなってしまう事がある。
  • 再生計画案に沿った返済ができなくなった時には、再生計画の取消しの可能性がある。
  • 一部の債権者を除外することができない。

 

WEBから簡単に債務整理等、借金問題の無料相談ができます。

 

弁護士事務所 無料相談

 

 

司法書士事務所 無料相談

 

ホームへ