任意整理をして借金の減額をしよう

任意整理とは

 

裁判所などの公的機関を利用しないで、債務者または、債務者から委任された弁護士や司法書士が、債権者と私的に話し合い交渉をします。
利息の引きなおし計算をして、貸金業者に対して払い過ぎた利息(過払い金)があれば返還してもらったり借金残高と相殺したり、分割払いなどの返済条件を話し合い、和解合意をはかる手続きのことです。
任意整理は任意であるため、債権者には、話し合いに応じる義務がありません。
現実的に債務者本人が直接、債権者と会って話し合う事はなかなか難しく、専門家である弁護士や司法書士に手続きを委ねる事が一般的になっています。
和解案の合意がなされた場合、3年〜4年で債務を分割返済していく事になります。
任意整理以降は、ほとんどの場合利息がつきません。

 

任意整理のメリット

  • 依頼者(債務者)が弁護士や司法書士に債務整理を依頼したという受任通知を受けとった貸金業者は債務者本人への直接連絡や取立てが禁止される。
  • 過払い金の額により、借金が相殺できたり返還してもらう事が出来る。
  • 任意整理後は、ほとんどの場合利息がなくなる。
  • 特定の債権者のみを対象にできる。
  • 官報に掲載されない。
  • 秘匿性の高い債務整理方法である。
  • 任意整理後の資格制限がない。

 

任意整理のデメリット

  • 5年〜7年間程度、債務整理の事実が信用情報機関(ブラックリスト)に登録されるため、ローンを組んだりカードを作ったりする事がその間、困難になる。
  • 利息の引きなおし計算後に、残る債務がある場合は、その分の返済をしなければならない。
  • 債務を数年の間に返済できる見込みがない場合は、任意整理をすることが出来ない。
  • 和解合意前における、給与の差し押さえ等の強制執行は止める事ができない。
  • 債権者の合意が必要であり、和解成立に至らない場合もある。

WEBから簡単に債務整理等、借金問題の無料相談ができます。

 

弁護士事務所 無料相談

 

 

司法書士事務所 無料相談

 

ホームへ