特定調停とは

特定調停とは

支払い不能に陥る可能性のある債務者の再建を促す民事調停の一つで、裁判所にて調停委員が債務者、債権者などの間に入り、今後の返済条件や債務の減額などについて合意をはかる手続きで、原則無利息で3年から5年間で返済していく手続きです。

 

特定調停のメリット

  • 申立から調停成立まで3〜4か月程度でできる。
  • 費用が安い。
  • 特定調停申立後は債権者の請求が止まる。
  • 特定調停後の利息をカットできる。
  • 一部の債権者を除外できる。
  • ギャンブルや浪費が原因でも利用できる。
  • 官報に掲載されることがない。
  • 自己破産のような資格制限がない。

 

特定調停のデメリット

  • 調停の日に裁判所へ足を運ばなければならない。
  • 取立が止まるまで時間がかかる場合がある。
  • 債務の減額には限度がある。
  • 過払い金を回収する制度ではないため過払い金があれば別途訴訟が必要。
  • 計画に沿った返済ができない時は、国から強制執行により財産を回収される恐れがある。
  • 5年〜7年間程度、債務整理の事実が信用情報機関(ブラックリスト)に登録されるため、その間ローンを組んだりカードを作ったりする事が困難になる。
  • 債権者の合意が必要である。
  • 調停が不成立になる場合もある。

ホームへ